囲碁 仲邑、最年少Cリーグ入り更新

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 囲碁の最年少棋士、仲邑菫二段(12)は6日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打った第46期棋聖戦ファーストトーナメント予選決勝で鳥井裕太三段(27)に281手で黒番5目半勝ちし、初のCリーグ入りを決めた。仲邑は自己新となる11連勝で、今年の通算成績を22勝2敗(勝率9割1分7厘)とし、日本棋院の全…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

あわせて読みたい

注目の特集