連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

寄席、一転休業の「舞台裏」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一転して休業を決めた新宿末広亭=東京都新宿区で2021年4月26日、中嶋真希撮影
一転して休業を決めた新宿末広亭=東京都新宿区で2021年4月26日、中嶋真希撮影

 緊急事態宣言発令後も、東京都の無観客開催の要請に応じずに営業を続けていた都内の寄席4軒が4月28日、都から新たに休業要請を受ける形で5月1~11日の営業休止を決めた。わずか4日で一転、休業を余儀なくされた寄席の“舞台裏”を探った。

 ●対策伝わらず落胆

 「大衆娯楽である寄席は、社会生活の維持に必要なものだと判断した」。宣言発令前日の4月24日、寄席4軒とともに営業継続を発表した落語協会、落語芸術協会はこう訴え、強気の構えを見せていた。都の要請にあった「社会生活の維持に必要なものを除く」という一文をあえて引用、営業の正当性を強調したのだ。

 背景には、寄席側が苦境に陥っていることがある。2回の緊急事態宣言による休業や時短営業を迫られ、収益が悪化した。それでも、定員を半分に制限。換気、消毒の徹底にも努めてきた。定員325人の末広亭の1日の客は50人程度まで減った。

この記事は有料記事です。

残り1324文字(全文1708文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集