特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪・パラ ワクチン、選手団に提供 ファイザー社無償で IOC

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国際オリンピック委員会(IOC)は6日、東京オリンピック・パラリンピックに参加する各国・地域の選手団に対し、米製薬大手ファイザー社から新型コロナウイルスのワクチンの無償提供を受けることで合意したと発表した。5月末までに提供を受け、7月23日の開幕までに2回の接種を目指すとしている。

 4月に訪米した菅義偉首相がファイザー社のアルバート・ブーラ最高経営責任者と電話協議した際、ブーラ氏から無償提供の申し出があった。東京大会に参加する各国・地域の選手数は、五輪が約1万人、パラリンピックが約4000人。監督やコーチらも含まれ、日本選手団は選手約1000人、監督・コーチ約1500人が対象となる。

 これまでワクチン接種を参加の義務とはせず、「推奨」にとどめてきたIOCのトーマス・バッハ会長は「安心安全な大会実現のために用意した手段の一つ。(選手ら)個人の健康を守るだけでなく(各国・地域の)社会の安全にとっても重要だ」とコメントした。

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1304文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集