米共和党内で“内紛” 根強いトランプ人気 反対派役職剥奪の危機

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トランプ前米大統領
トランプ前米大統領

 米国の野党・共和党で親トランプ派が反トランプ派を批判する動きが相次いでいる。1月のトランプ氏の支持者による連邦議会乱入事件を受けて、トランプ氏の政治的な影響力が低下するとの見方が出たが、共和党支持者からの人気は根強く、逆に党内で反トランプ派幹部を追い落とす試みが勢いを増している。

 今月1日に西部ユタ州で開かれた共和党の州大会。トランプ氏のウクライナ疑惑に関する上院の弾劾裁判(2020年2月)で、共和党から唯一賛成票を投じた同州選出のロムニー上院議員が演壇に立つと、歓迎の拍手をかき消すブーイングが起きた。ロムニー氏が苦笑交じりに「前大統領の…

この記事は有料記事です。

残り884文字(全文1157文字)

あわせて読みたい

ニュース特集