特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラアスリート交差点

陸上・高桑早生「その先へ」 私が先を見据える理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
陸上のジャパンパラ大会の女子100メートル(義足T64)で優勝し、笑顔を見せる高桑早生=高松市の屋島レクザムフィールドで2021年4月24日、藤井達也撮影
陸上のジャパンパラ大会の女子100メートル(義足T64)で優勝し、笑顔を見せる高桑早生=高松市の屋島レクザムフィールドで2021年4月24日、藤井達也撮影

 東京パラリンピックの開幕まで16日で残り100日になります。2019年の世界選手権で4位以上などの条件を満たせなかった私は、出場内定を得ていません。選考委員会の推薦で出場できる可能性があり、それを待つ立場ということで気が抜けませんが、焦らずに、東京大会後も見据えてトレーニングに励んでいます。

 最近は3月に出場した2大会で結果を残せず、巻き返しを誓った4月のジャパンパラ大会も満足のいく記録ではありませんでした。悔しくて、情けなかった。

 調子が悪いわけでもなく、トレーニングを積めていないわけでもない状態で、ジャパンパラ大会に臨みました。100メートルに関しては「走り」が改良の途上ということもあり、好記録をマークしにくい状況です。走り幅跳びは3月の大会に比べたら内容の伴った6本でした。だが、時期が時期だけに、結果を出さなければなりませんでした。それができていないと評価されるのは仕方ないし、自分でもそう思います。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1381文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集