大相撲・竜電 感染対策ガイドラインに抵触、夏場所休場 処分も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
休場することが明らかになった竜電=玉城達郎撮影
休場することが明らかになった竜電=玉城達郎撮影

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は7日、東前頭14枚目の竜電(30)=高田川部屋=に協会が策定した新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに抵触する行為があり、夏場所(9日初日、東京・両国国技館)を休場すると明らかにした。師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)から申し出があったという。…

この記事は有料記事です。

残り98文字(全文248文字)

あわせて読みたい

注目の特集