連載

輝け★わが街・地域おこし協力隊

北海道内で活動する地域おこし協力隊の奮闘ぶりを紹介し、「わが街を輝かせたい」という隊員の思いを伝えます。

連載一覧

輝け★わが街・地域おこし協力隊

/6止 「人生の学校」を日本にも 東川 安井早紀さん(30)=横浜市出身 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デンマークの成人向けフリースクール「フォルケホイスコーレ」でノートを手に笑顔を見せる安井早紀さん(左)と遠又香さん=2017年撮影(安井さん提供)
デンマークの成人向けフリースクール「フォルケホイスコーレ」でノートを手に笑顔を見せる安井早紀さん(左)と遠又香さん=2017年撮影(安井さん提供)

デンマーク式に魅了され

 始まりは、デンマークへの2人旅だった。「人生の学校」に出会い、魅了された。年代も背景もばらばらな人たちが共に暮らし学び、感性を磨く。森の中で、コーヒーを片手に互いの哲学を語り合う。「これ、なんで日本にないんだろう」。活動が始まった。

 東川町の地域おこし協力隊員、安井早紀さん(30)は社会人5年目の2017年秋、共に隊員として活動する慶応大時代からの友人、遠又香さん(30)とデンマークに旅立った。

 横浜市で生まれ、父親の仕事の関係で幼少期をロンドンで過ごした安井さんは、大学卒業後に東京の会社に入社。「日本的な型にはまった仕事や首都圏での慌ただしい暮らしに違和感があった」。遠又さんと久々に再会し、2人の共通テーマだった「教育」を念頭に旅先を探した。世界の幸福度ランキングで上位に入るデンマークに決めた。

この記事は有料記事です。

残り1105文字(全文1470文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集