連載

ひとinぐんま

毎日新聞デジタルの「ひとinぐんま」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ひとinぐんま

ママチャリヒルクライマー 戸丸大地さん(25) 自己ベスト更新へ山道疾走 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ダンシングと呼ばれる立ちこぎで山道を走る戸丸大地さん=群馬間高崎市榛名湖町で2021年3月27日、菊池陽南子撮影
ダンシングと呼ばれる立ちこぎで山道を走る戸丸大地さん=群馬間高崎市榛名湖町で2021年3月27日、菊池陽南子撮影

 相棒に足りない部分は根性で――。高崎市で毎年5月に開かれる自転車レース「榛名山ヒルクライム」に「ママチャリ」で出場し、今年も16日の第9回大会に出場する。「50分を切りたい」。榛名湖コース(約16キロ)の自己ベストである52分を更新するべく、仕事帰りに8キロの山道を走り込んでいる。

 ママチャリは競技用自転車のようにギアチェンジができず、「ダンシング」と呼ばれる独特なフォームで急な坂道を登る。自転車の重量も競技用の2~3倍。それでもママチャリにはこだわりがある。「競技用は価格が高い。手に入らない子どもたちに、努力次第でスタートラインに立てることを伝えたい」

 伊勢崎市の中学校に通っていた頃、本格的に自転車を始めた。親の勧めで入った柔道部では、体格のいい先輩たちに毎日投げ飛ばされていたが、ある日、投げられた後に先輩からこう言われた。「俺に一つでも勝てるものはないのか」。頭をよぎったのは勉強やゲームではなく、通学で使っていた自転車だった。「チャリなら勝てる」。下校途中の田んぼ道で競走し、初めて先輩に勝った。

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1223文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集