九州から東北まで黄砂確認 各地で最高気温を更新

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2日連続の黄砂で白くかすむ福岡市内=同市西区の愛宕神社で2021年5月9日午前10時15分、平川義之撮影
2日連続の黄砂で白くかすむ福岡市内=同市西区の愛宕神社で2021年5月9日午前10時15分、平川義之撮影

 九州から東北までの広い範囲で9日、中国大陸から飛来した黄砂が確認された。福岡県内では8日に続き2日連続の観測。また、9日は高気圧に覆われた影響で全国各地で今年の最高気温を更新し、宮崎市は31・4度、宮崎県西都市は30・6度の真夏日となった。

 気象庁によると、9日の福岡市内は目視で見通しのきく距離が…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

あわせて読みたい

注目の特集