特集

日米地位協定

在日米軍に対する特別待遇を定め、さまざまな問題を生む元凶ともされる日米地位協定。見直しを求める声が広がっています。

特集一覧

特権を問う

米軍オスプレイ、機関銃むき出しで住宅街を飛行 市民団体が確認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米軍横田基地(東京都)付近で機体後方に機関銃をむき出しにして飛行するオスプレイ=2019年1月4日(羽村平和委員会提供)
米軍横田基地(東京都)付近で機体後方に機関銃をむき出しにして飛行するオスプレイ=2019年1月4日(羽村平和委員会提供)

 米軍横田基地(東京都)に配備されている特殊作戦機CV22オスプレイが機関銃を住宅街に向けてむき出しにした状態で飛行する様子を、地元住民らが頻繁に目撃している。市民グループが2018年6月から1年余りで延べ約40機を確認。外から見えないように対応できるにもかかわらず、今年に入っても同様の飛行は続いており、住民らは「街を標的に見立て、恐怖を与える飛び方は許されない」…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1124文字)

【日米地位協定】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集