特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

箱根でも注目された三浦龍司 3000m障害で18年ぶり日本新

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子3000メートル障害で力走する三浦龍司(右から2人目)=東京・国立競技場で2021年5月9日、大西岳彦撮影
男子3000メートル障害で力走する三浦龍司(右から2人目)=東京・国立競技場で2021年5月9日、大西岳彦撮影

 陸上の東京オリンピックのテスト大会は9日、五輪会場の東京・国立競技場で行われた。男子3000メートル障害は19歳の三浦龍司(順大)が8分17秒46で18年ぶりに日本記録を塗り替え、東京五輪参加標準記録(8分22秒00)をクリアした。自己ベスト(8分19秒37)を2秒近く更新した。従来の日本記録は岩水嘉孝が2003年に出した8分18秒93。

 五輪会場の国立競技場で、19歳が日本記録を塗り替えた。男子3000メートル障害に出場した順大2年の三浦。東京五輪参加標準記録もクリアし、「素直にうれしい」と喜んだ。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文662文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集