ボクシング WBOライトフライ級タイトルマッチ 復帰の37歳高山、王座奪取ならず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界ボクシング機構(WBO)ライトフライ級タイトルマッチ12回戦が8日、米テキサス州アーリントンで行われ、挑戦者で37歳の高山勝成(寝屋川石田)は王者エルウィン・ソト(メキシコ)に九回TKOで敗れ、2階級制覇はならなかった。

 高山は九回に連打を浴び、レフェリーが試合を止めた。戦績は32勝(12KO…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

あわせて読みたい

注目の特集