車いすの「仮面女子」猪狩さん国を提訴 「看板安全対策怠った」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮面女子の猪狩ともかさん=埼玉県所沢市で2020年8月3日、玉城達郎撮影
仮面女子の猪狩ともかさん=埼玉県所沢市で2020年8月3日、玉城達郎撮影

 東京都文京区の湯島聖堂近くで2018年、倒れてきた看板の下敷きとなり、車いす生活となったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩(いがり)ともかさん(29)と両親が、国に計1000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。看板は国が設置したもので、木製の脚の根元が腐っていたとし、「国は数十年にわたり安全対策を怠った」と主張している。

 提訴は3月9日付。訴状によると、猪狩さんは18年4月、湯島聖堂近くの歩道を歩いていたところ、突風にあおられて破損した看板の下敷きになり、胸髄の損傷により両脚にまひが残った。看板は湯島聖堂の敷地内に設置されており、高さ約2・8メートル、横約3・8メートルで、観覧客に向けた案内板として使われていた。湯島聖堂の管理を国から委託されている財団法人とは裁判外で和解が成立したという。

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集