特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

#五輪をどうする

「何が何でもやる、は違う」 五輪代表候補、板挟みの苦しさ告白

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビーの7人制女子日本代表候補の中村知春選手=日本ラグビー協会提供
ラグビーの7人制女子日本代表候補の中村知春選手=日本ラグビー協会提供

 「東京オリンピック・パラリンピックをやりたい。と声を大にして言えないのは、それはアスリートのエゴだとわかってるから。別に何も考えてない訳じゃない」。ラグビー7人制の女子日本代表候補で、東京五輪を目指す中村知春選手(33)は4月23日、ツイッターにそう投稿した。真意を尋ねると、「板挟みになるアスリートの気持ちを少しでも理解してほしい」と心情を吐露した。【聞き手・谷口拓未】

「黙っていると同調していることに」

 ――中村選手にとって、東京五輪はどのような位置づけでしょうか。

 ◆自国開催の五輪に出場できるのは人生で一度きりだと思いますが、新型コロナウイルス感染拡大の激動の1年を経て、考え方が変わりました。最初は五輪をやりたい、延期は残念だと思っていました。今はあるなら出られたらうれしいし、そのために戦う。ただ、ないならないで、次に切り替えるしかないと思っています。

 ――国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、日本の緊急事態宣言に関し「東京五輪とは関係がない」と発言しました。

 ◆悔しいですよね。そういった説明する立場の方の発言によって、我々アスリートは板挟みになります。東京大会の印象も悪くなります。アスリートは作られた舞台で踊らされるような存在かもしれない。無力感を抱くこともありますが、黙っているのではなく、発言できるアスリートでありたいです。

 ――どのような思いでツイートしたのですか。

 ◆現状で世論の過半数は東京五輪・パラリンピックの開催に反対だと思います。人の命は…

この記事は有料記事です。

残り1490文字(全文2138文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集