連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

スペースX、ドージコインを決済手段に 月観測ミッションで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 米実業家イーロン・マスク氏が率いる民間宇宙企業スペースXは、2022年第1・四半期に予定される「ドージ1ミッション・トゥー・ザ・ムーン」で暗号資産(仮想通貨)のドージコインを支払い手段として受け入れる。4月撮影(2021年 ロイター/DADO RUVIC) 拡大
 米実業家イーロン・マスク氏が率いる民間宇宙企業スペースXは、2022年第1・四半期に予定される「ドージ1ミッション・トゥー・ザ・ムーン」で暗号資産(仮想通貨)のドージコインを支払い手段として受け入れる。4月撮影(2021年 ロイター/DADO RUVIC)

 [9日 ロイター] - 米実業家イーロン・マスク氏が率いる民間宇宙企業スペースXは、2022年第1・四半期に予定される「ドージ1ミッション・トゥー・ザ・ムーン」で暗号資産(仮想通貨)のドージコインを支払い手段として受け入れる。

 同ミッションに参加するカナダのテクノロジー企業、ジオメトリック・エナジー・コーポレーションが9日発表したところによると、打ち上げる観測機器の資金調達をドージコインで行ったという。ミッションの予算は明らかにされていない。

 マスク氏は、この計画について「ドージコインで支払われるミッション。宇宙で最初の仮想通貨」などとツイッターに投稿した。

 ジオメトリック・エナジーも声明で「地球軌道を超えた仮想通貨の応用を実証し、惑星間商取引の礎を築く」と指摘した。

 マスク氏は4月、ドージコインを「文字通り月に置く」とツイッターに書き込んでいた。

 ドージコインを巡っては、マスク氏が8日放送の米人気バラエティー番組のコントで「詐欺」と発言したのを受け、9日に急落した。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集