特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

聞いてみました コロナ下の新歓事情 今年も多くが非接触 ゲーム企画など工夫も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首都圏の大学では対面の入学式や授業が再開したが、新歓は今年もオンラインが主流のようだ(本文とは関係ありません)
首都圏の大学では対面の入学式や授業が再開したが、新歓は今年もオンラインが主流のようだ(本文とは関係ありません)

 昨年度と異なり、多くの大学が無事に対面での入学式を履行できた2021年度。昨春の緊急事態宣言発令で満足のいく部員募集を行えなかった大学の団体・サークルは、新入生歓迎会(新歓)活動を本格化させたい頃だろう。新型コロナウイルスの猛威が収まらない中、学生は制約とどう向き合い、知恵を絞っているのか。「新歓をする側」である上級生(2~4年生)に尋ねてみた。

 アンケートには21人が回答した。まず昨年度の新歓の手法について尋ねたところ、15人、7割が「オンラインツールを使った説明会」を行った、あるいは同会で説明を受けたと回答。「SNSの情報発信及びメンバー募集」も7人と、次いで多かった。一方、運動部では「検温や時間制限を徹底した体験会に参加した」(2年)、「少人数でのご飯会に行った」(2年)など、感染に注意を払いつつ対面の新歓を行った団体も見受けられた…

この記事は有料記事です。

残り1354文字(全文1729文字)

あわせて読みたい

注目の特集