加藤官房長官「暴力行為、正当化できない」中東の武力衝突を非難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する加藤勝信官房長官=首相官邸で2021年4月27日午前10時58分、竹内幹撮影
記者会見する加藤勝信官房長官=首相官邸で2021年4月27日午前10時58分、竹内幹撮影

 加藤勝信官房長官は11日午前の記者会見で、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザ地区を空爆し少なくとも20人が死亡したことについて「最近のイスラエル、パレスチナを巡る情勢を懸念を持って注視している。暴力行為はいかなる理由によっても正当化できず、我が国はこれを非難する」と述べた。そのうえで、イスラエル・…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

あわせて読みたい

ニュース特集