特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ワクチン詐欺に注意「1万5000円払えば優先接種」電話も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
須坂署員(左)から特殊詐欺対策の説明を受ける高齢者(右)と付き添いの家族(奥)=長野県高山村牧の高山村保健福祉総合センターで2021年5月10日午後2時45分、皆川真仁撮影
須坂署員(左)から特殊詐欺対策の説明を受ける高齢者(右)と付き添いの家族(奥)=長野県高山村牧の高山村保健福祉総合センターで2021年5月10日午後2時45分、皆川真仁撮影

 新型コロナウイルスワクチンの高齢者への優先接種が長野県内でも本格化する中、長野県警がワクチン接種に便乗した特殊詐欺への警戒を強めている。被害発生を防ごうと、県内各地のワクチン集団接種会場などで特殊詐欺対策の啓発活動を行っている。

 県警特殊詐欺抑止対策室によると、9日時点で県内のワクチン接種に関連した特殊詐欺被害はないが、不審な電話が2件確認されている。

 県警や飯田保健所によると、1月18日、飯田・下伊那地域の男性に、製薬会社社員を名乗る男から「ワクチン製造会社と連携しているので、事前申し込みがあれば、1月中に先行してワクチンを打つことができる」と電話があった。男性は、飯田保健所に相談して詐欺だと気付いた。2月1日にも飯田市の男性に、製薬会社社員を名乗る男から「1万5000円の予約金を支払えば優先的にワクチンを打つことができる」と電話があった。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文751文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集