特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

宮崎市で感染深刻化 人口10万人当たり 福岡、兵庫超えるレベル

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ニシタチの営業状況を確認する宮崎県・市の職員=宮崎市橘通西の中央通りで2021年5月5日午後8時20分、塩月由香撮影
ニシタチの営業状況を確認する宮崎県・市の職員=宮崎市橘通西の中央通りで2021年5月5日午後8時20分、塩月由香撮影

 宮崎市の新型コロナウイルス新規感染者は人口10万人当たり55・8人(2~8日の1週間累計)で都道府県レベルとの比較では“ワースト2”に位置することが分かった。県は医療圏単位でしか発表しておらず、「宮崎・東諸県」(宮崎市、綾町、国富町)では52・7人。毎日新聞が両町の数字を除外して計算し直した。【杣谷健太、塩月由香】

 県は他都道府県の数字も発表。55・8人は大阪府の70・6人(全国ワースト)ほどではないが、福岡県(ワースト3位)の49・5人、兵庫県の53・1人(2位)を超えるレベルだ。第4波流行後、繁華街「ニシタチ」中心に変異株クラスターが頻発し、数字を押し上げたらしい。10日発表の最新の数字では58・6人になった。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文862文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集