「性の多様性」に理解を 姫路市教委が教職員向け資料

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
教職員に配布した研修資料「学校における性の多様性に対する正しい理解と対応」=姫路市安田4の姫路市役所で2021年5月6日午後4時0分、後藤奈緒撮影
教職員に配布した研修資料「学校における性の多様性に対する正しい理解と対応」=姫路市安田4の姫路市役所で2021年5月6日午後4時0分、後藤奈緒撮影

 教職員に「性の多様性」への理解を深めてもらおうと、姫路市教育委員会は4月、教職員向けの研修資料を作成し、市立幼稚園、小中高校などの全教職員に配布した。市教委の担当者は「性的指向、性自認に悩む子供たちと向き合ってほしい」と狙いを話す。

 資料はA4判6ページで、タイトルは「学校における性の多様性に対する正しい理解と対応」。市教委が2016年に作成した資料で…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

あわせて読みたい

注目の特集