特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

「東京五輪前に感染は止まらない」 阪大・宮坂名誉教授

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪大免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之さん
大阪大免疫学フロンティア研究センター招へい教授の宮坂昌之さん

 免疫学の第一人者の宮坂昌之大阪大名誉教授は11日、日本記者クラブの記者会見で、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の効果で国内の感染状況の改善が見込まれる時期について「五輪前に感染がワクチンによって止まることはないと思う。おそらく(新規感染者数が)下がってくるとすれば今年の後半」との見解を示した。

 宮坂氏は、接種が先行するイスラエルなどのデータを念頭に「他国でも国民の3~4割が2回接種を終えないと感染者(数)の上昇は止まらない。(2回接種完了者が)5割を超えるとぐーっと下がってくる」と指摘。国内で効果が出る時期は「ひとえにワクチン接種がどれだけ広範に進むかだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文682文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集