特集

皇位継承

安定的な皇位継承を巡る議論が平行線をたどっています。天皇陛下より若い資格者は、秋篠宮さまと長男悠仁さまだけです。

特集一覧

小室さん問題 「女系天皇」論議に微妙な影 政府は懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2017年9月、婚約内定の記者会見をされる秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で(代表撮影)
2017年9月、婚約内定の記者会見をされる秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さん=東京都港区の赤坂東邸で(代表撮影)

 秋篠宮家の長女眞子さま(29)と婚約が内定している小室圭さん(29)=米国留学中=の母親を巡る金銭トラブルが、安定的な皇位継承のあり方を議論する政府の有識者会議の議論にじわり影響している。この問題を取り上げて女系天皇に否定的な見解を述べる専門家がおり、同会議が年内を目指す論点整理の作業にも影を落としている。

 現行制度は皇位継承資格を「男系男子」に限り、女性皇族は結婚で皇室を離れる。公務の担い手不足が懸念される中、有識者会議(座長・清家篤前慶応義塾長)は3月23日の初会合を皮切りに、これまで4回の会合を開いた。皇位継承資格を女性皇族に広げるかや女性皇族が結婚後も皇室に残る「女性宮家」を認めるかなどについて、専門家へのヒアリングを実施している。

 4月8日の第2回会合では、専門家の一人が…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文932文字)

【皇位継承】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集