「言葉を届けたい」石丸幹二さん30周年コンサート 大阪を皮切り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
30周年の記念コンサートを開く石丸幹二=大阪市北区で2021年4月30日、山下智子撮影
30周年の記念コンサートを開く石丸幹二=大阪市北区で2021年4月30日、山下智子撮影

 2020年にデビュー30周年を迎えた俳優で歌手の石丸幹二。6月4日のザ・シンフォニーホール(大阪市北区)を皮切りに、全国5カ所で記念コンサートを開催する。劇団四季時代のナンバーや、コンサートで人気の「マイウェイ」など、幅広い楽曲を披露する。「時が来た」(ミュージカル「ジキル&ハイド」より)は「退団後に出合い、思い出の詰まった曲」と特別の思いを込める。

 1990年のデビュー以来、17年在籍した劇団四季は、歌手人生で多くを占める特別な場所。中でも、ミュージカル「美女と野獣」の「愛せぬならば」を好きな歌の一つに挙げる。「いろいろな思いが再燃される曲。昔の音源を聴くと『こんな歌い方ができていたのか』という発見もあるが、『今の私の体を通したらこうなる』という円熟味を感じてほしいですね」

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文656文字)

あわせて読みたい

注目の特集