連載

田中優子の江戸から見ると

法政大総長・田中優子さんのコラム。江戸から見る「東京」を、ものや人、風景から語ります。

連載一覧

田中優子の江戸から見ると

アジア系差別

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今年の5月12日は旧暦で4月1日、つまり夏の始まりである。この日から旧暦6月末までが夏だ。

 その夏の始まりに暑くるしい話題だが、米国でアジア系の人々へのヘイトクライム(憎悪犯罪)が止まらない。殴られたり、蹴られたり、暴言を浴びせられたり、日系を含めアジア系の人々は恐怖におびえる毎日だという。

 アメリカ大陸には17世紀にアフリカから多くの奴隷が連れて来られた。19世紀に入ると、中国人移民を労働力として投入するようになり、市民権も土地の所有も認めないまま中国人排斥法を成立させた。その次は日本人移民だった。米国における日本人差別の歴史は2018年10月24日のこのコラムに「移民」という題名で書いた。やはり土地の所有も借地…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文780文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集