特集

関西 新型コロナくらし情報

関西の新型コロナに関する情報をお伝えします。

特集一覧

新型コロナ 感染者家族に宿泊助成 泉佐野市、1人1日1万円 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 泉佐野市は11日、新型コロナウイルスの家庭内感染を防止するためとして、感染者と同居する陰性の家族が、市に協力する宿泊施設で過ごした場合の宿泊費について、1人1日1万円(最大14日間)を助成すると発表した。

 事業費は約1960万円を見込み、千代松大耕市長は記者会見で「家庭内感染が広がっている現実がある。市内には宿泊施設も多い」と述べた。

 また、市内のりんくうタウン駅ビルの空きテナントにPCR検査を受け付けるセンターを設置し、無症状の市民なら9回まで無料で検査を受けられる事業も実施する。ビジネス上、相手企業から陰性の証明を求められるケースがあり、経済的支援の側面もあるという。検査する事業者は今後公募し、事業費は約2510万円を予定している。

 両事業とも5月臨時議会で一般会計補正予算案が可決されれば、7月から2022年3月まで実施する。

 千代松市長は「4月以降1カ月の急速な感染急拡大に危機感を持っている」と述べた。【上野宏人】

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集