来年の“オリンピック”へ 「長崎和牛」子牛の競り 雲仙・JA県南家畜市場 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
入札前に子牛を下見する肥育農家
入札前に子牛を下見する肥育農家

 2022年10月に鹿児島県で開かれる第12回全国和牛能力共進会の「肉牛の部」に県代表として出品される子牛の競りが4月27日、雲仙市吾妻町のJA全農ながさき県南家畜市場であった。

 共進会は「和牛のオリンピック」と言われ、5年ごとに開催。12年に県内であった第10回大会では、川棚町の肥育農家、喜々津昭さん(72)が育てた肉牛が最高賞に輝き…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

あわせて読みたい

注目の特集