連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

接種率ランキング=古賀攻

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 UNRWAは、中東の3カ国・2地区に追われたパレスチナ難民約570万人を支援している国連の機関。そこで保健局長を務める清田(せいた)明宏さんが先月13日のオンライン会議でこう報告した。

 「難民受け入れ国は自国民と分け隔てなく難民にもワクチンを接種していますが、接種の遅れが深刻です。ヨルダンは5・5%、レバノンはまだ4・0%……」

 保健医療政策の専門家として参加していた自民党参院議員の武見敬三さんはがくぜんとする。「清田さん、そちらの方が進んでいますよ。わが方は1%未満ですから」

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1034文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集