連載

読んであげて

子どもたちに向けた童話です。大人が読み聞かせ、お互いの心を通わせましょう。

連載一覧

読んであげて

探偵部におまかせください!/40

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <広げよう おはなしの輪>

作(さく)・雪宮鉄馬(ゆきみや・てつま) 絵(え)・naoto(なおと)

 第(だい)1話(わ) 美術(びじゅつ)室(しつ)にカギをかけないで!

 すっかりあたりは夜(よる)の景色(けしき)になっていた。

 雨雲(あまぐも)は風(かぜ)とともに消(き)え、月(つき)が白(しろ)く輝(かがや)き、星(ほし)はキラキラと瞬(またた)いて、通(かよ)いなれた通学(つうがく)路(ろ)がいつもと違(ちが)って見(み)えた。

 そんな通学(つうがく)路(ろ)を、真(ま)琴(こと)と実(み)月(つき)はいつものように肩(かた)を並(なら)べて歩(ある)き始(はじ)めた。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1759文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集