ワクチン接種「二重予約防ぐ仕組みでない」 加藤官房長官

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官
加藤勝信官房長官

 加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種について、東京と大阪に開設する大規模接種センターと各自治体の接種が「二重予約を防止する仕組みにはなっていない」と明らかにした。

 自衛隊が運営する大規模接種センターは24日に開設予定で、インターネットなどで予約を受け付ける。

 加藤氏は同センターと各自治体のそれぞれの接種について、「予約は別の形で進めており、当然システム的にはつながっていない」と説明。その上で「センターで予約した場合は『市区町村の予約と重複しないよう、速やかに市区町村の予約を取り消していただきたい』と予約画面で周知することが防衛省で検討されている」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り97文字(全文401文字)

あわせて読みたい

注目の特集