西日本FH、3月期の最終利益10.6%減 社長「攻めと守りが両立」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
西日本フィナンシャルホールディングス本社=福岡市博多区で、浅川大樹撮影
西日本フィナンシャルホールディングス本社=福岡市博多区で、浅川大樹撮影

 西日本フィナンシャルホールディングス(FH)が12日発表した2021年3月期連結最終(当期)利益は、前期比10・6%減の180億円だった。新型コロナウイルス禍による融資先の業績悪化に備え、貸し倒れ引当金などの「信用コスト」が増えた。

 本業のもうけを示すコア業務純益は、傘下の西日本シティ銀行と長崎銀…

この記事は有料記事です。

残り216文字(全文366文字)

あわせて読みたい

注目の特集