ソフトバンクグループ、投資事業好調 最終利益過去最高を大幅更新

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で質問に答えるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区で2021年5月12日午後5時55分、後藤豪撮影
記者会見で質問に答えるソフトバンクグループの孫正義会長兼社長=東京都港区で2021年5月12日午後5時55分、後藤豪撮影

 ソフトバンクグループ(SBG)が12日発表した2021年3月期連結決算は、最終(当期)利益が4兆9879億円(前期は9615億円の赤字)となり、日本企業として過去最高を記録した。野村証券によると、これまでの通期の最高益はトヨタ自動車の2兆4939億円(18年3月期)だったが、これを大きく上回った。主力ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)」を通じた投資事業が好調だった。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴って社会のデジタル化が加速し、IT関連を中心に世界的に株価が上昇。SVFの投資先の企業価値も拡大し、多額の投資利益を生み出した。

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1198文字)

あわせて読みたい

注目の特集