連載

少子化考

世界各地を記者が歩きながら、少子化社会の課題や、子どもを持つ意味、家族の幸せとは何かを考えます。

連載一覧

少子化考

少子化に悩む韓国と日本 根底に「若い世代の将来への不安感」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
病院の新生児室。ほとんどのベッドが空いている=ソウルで2019年7月30日、朝鮮日報提供
病院の新生児室。ほとんどのベッドが空いている=ソウルで2019年7月30日、朝鮮日報提供

 世界最低水準の出生率0・84で、急速に少子化が進む韓国社会。そこでは何が起きているのか。同じく少子化が進む日本は何を学ぶべきなのか。韓国の社会事情に詳しい春木育美・早稲田大学韓国学研究所招聘(しょうへい)研究員は「若い世代の将来への不安感」が両国の少子化の根底にあると指摘し、「若者に寄り添った政治」が必要だと訴える。【聞き手・日下部元美】

 ――韓国の少子化の原因は何なのでしょうか。

 ◆直接的な原因は男女を問わず…

この記事は有料記事です。

残り2374文字(全文2582文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集