連載

少子化考

世界各地を記者が歩きながら、少子化社会の課題や、子どもを持つ意味、家族の幸せとは何かを考えます。

連載一覧

少子化考

出生率低下の韓国 少子化対策、キーワードは「人権」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
呉学殊・労働政策研究・研修機構統括研究員=本人提供
呉学殊・労働政策研究・研修機構統括研究員=本人提供

 出生率が世界最低水準で推移する韓国。政府は現状をどう分析し、どのような対応を取ろうとしているのか。韓国の社会・産業事情に詳しい労働政策研究・研修機構(東京都)の呉学殊・統括研究員が解説する。キーワードは「人権」だという。

【聞き手・日下部元美】

 ――韓国政府は少子化の要因をどのようにとらえているのでしょうか。

 ◆韓国は2006年から少子・高齢社会基本計画を5年ごとに作っている。今年から始まった第4次基本計画では少子化の社会経済的要因として五つを挙げている…

この記事は有料記事です。

残り1784文字(全文2013文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集