美浜3号機6月下旬再稼働へ「40年超原発」は国内初 関電発表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
関西電力の美浜原発3号機=福井県美浜町で2020年10月20日、本社ヘリから木葉健二撮影
関西電力の美浜原発3号機=福井県美浜町で2020年10月20日、本社ヘリから木葉健二撮影

 関西電力は12日、運転開始から40年を超える美浜原発3号機(福井県美浜町)を6月下旬に再稼働すると発表した。東京電力福島第1原発事故後に原発の運転期間が「原則40年、最長で延長20年」に定められて以降、「40年超原発」としては国内初の再稼働となる。

 関電によると、20日に原子炉への燃料装着作業を始め、6月下旬に再稼働し、7月下旬に営業運転に入る予定。しかし、原発に義務付けられているテロ対策施設の整備が遅れており、期限の10月25日までに間に合わず、最長でも約4カ月間稼働した後、再び停止することになる。関電は「(短期間の運転でも)約10年ぶりの再稼…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集