特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

京都府、公道での聖火リレー中止決定 無観客で点火式など実施

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都府内の公道で予定していた聖火リレーの代わりに、リレーや点火セレモニーが行われる「サンガスタジアムbyKYOCERA」=同府亀岡市で2020年6月28日、藤井達也撮影
京都府内の公道で予定していた聖火リレーの代わりに、リレーや点火セレモニーが行われる「サンガスタジアムbyKYOCERA」=同府亀岡市で2020年6月28日、藤井達也撮影

 京都府の西脇隆俊知事は12日の記者会見で、府内で25、26の両日に予定されている東京オリンピックの聖火リレーについて、公道での実施を中止すると正式に発表した。2日間とも「サンガスタジアムbyKYOCERA」(亀岡市)で、リレーと点火セレモニーのみを無観客で実施する。31日まで延長された、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下にあることを考慮した。

 約190人の聖火ランナーは全員、当初計画されていたのと同様に200メートルずつスタジアム内を走る。家族ら関係者のみが、人数の上限を設けて約2万人収容のスタンドで応援できるようにする。予定されていたステージなどの「セレブレーション」は中止する意向で大会組織委員会と今後、詳細を協議する。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文526文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集