GHQ検閲官たちの芸術への愛「わが花」 ワンダーワークス

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
八鍬健之介(左)と森岡龍
八鍬健之介(左)と森岡龍

wonder×works(ワンダーワークス)の八鍬健之介が書き下ろし舞台「わが花」を19~30日、東京・新宿の雑遊で上演する。演出も八鍬。

 第二次大戦後、歌舞伎などの上演規制と解禁に関わった連合国軍総司令部(GHQ)の検閲官たちの芸術への愛を描く物語。実在のフォービアン・バワーズ少佐らがモデルだ。「人間と芸術のつながりを書いて…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

注目の特集