連載

’21さいたま市長選

任期満了に伴うさいたま市長選は9日、告示される。新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」適用が続く中での選挙戦を追います。

連載一覧

’21さいたま市長選

市政の課題/上 市庁舎移転計画 新都心へ 事業費206億円 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
市役所本庁舎の移転方針が示されたさいたま新都心バスターミナル。右後方に「しまむら」本社、左後方に大規模マンションが見える=さいたま市大宮区北袋町で2021年5月7日、大平明日香撮影
市役所本庁舎の移転方針が示されたさいたま新都心バスターミナル。右後方に「しまむら」本社、左後方に大規模マンションが見える=さいたま市大宮区北袋町で2021年5月7日、大平明日香撮影

 JRさいたま新都心駅から東に約300メートル。1月に移転したばかりのアパレル大手「しまむら」本社ビルや開発中の大規模マンションが並ぶ一角に、さいたま新都心バスターミナル(さいたま市大宮区北袋町)がある。市は2月、2031年をめどに市役所本庁舎をここへ移転する方針を発表した。隣接する公園で2歳の長女と遊んでいた主婦(39)は「本庁舎が来ることは歓迎。この周辺がさらににぎわうといいな」と笑顔を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1093文字(全文1294文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集