青海大橋の鋼材破断 県が点検で発見 片側交互通行に 長門 /山口

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
片側交互通行になっている青海大橋
片側交互通行になっている青海大橋

 県は長門市の青海島と本土を結ぶ青海大橋で、橋脚と橋桁を垂直に結ぶ鋼材が破断しているのを確認したと発表した。県は当面の間、橋を片側交互通行にする。

 県道路整備課によると、異常が見つかったのは6本ある橋脚のうちの1本。島から本土に向かう下り線で橋脚と橋桁を結ぶ12本の鋼材のうち、2本が破断していた。

 青海大橋は2020年11月に路面に段差…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文374文字)

あわせて読みたい

ニュース特集