連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

伊能忠敬の列島地図、すごいの? 20年以上かけて完成 並べると体育館の広さ=回答・広瀬登

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
富士山が描かれた「大日本沿海輿地全図」の第100図(部分)=国立国会図書館所蔵
富士山が描かれた「大日本沿海輿地全図」の第100図(部分)=国立国会図書館所蔵

 なるほドリ 江戸時代にとても精巧(せいこう)な日本列島の地図があったと聞いたよ。

 記者 測量家の伊能忠敬(いのうただたか)(1745~1818年)が中心となって作った「伊能図(いのうず)」のことですね。今年は忠敬の死後に完成したその集大成「大日本沿海輿地(えんかいよち)全図」が幕府に提出されて200年にあたります。伊能図は実際に歩いて行った全国規模の測量をベースにしている点で画期的でした。

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文736文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集