名古屋・スリランカ女性死亡 入管報告、診療記録と逆

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
生前のウィシュマ・サンダマリさん=遺族提供
生前のウィシュマ・サンダマリさん=遺族提供

入管「医師から点滴、入院指示なし」/病院「内服できなければ点滴、入院」

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)に収容されていたスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33歳)が3月6日に死亡した問題で、毎日新聞は2月5日に外部病院で受けた胃の内視鏡(胃カメラ)の診療記録を関係者から入手した。診療記録には、「(薬を)内服できないのであれば点滴、入院」と指示が書かれていた。しかし、法務省・出入国在留管理庁が作成した中間報告には、「医師から点滴や入院の指示がなされたこともなかった」と反対の内容が書かれている。医師が書いた記録と入管の報告が食い違う事態になった。【和田浩明、上東麻子】

 毎日新聞が入手したのはウィシュマさんが亡くなる1カ月前に、外部病院で受けた胃カメラの画像を含む検査報告書、診療情報。

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1337文字)

あわせて読みたい

注目の特集