特集

立憲民主党

立憲民主党に関するページです。

特集一覧

入管法改正案 14日にも採決 野党、女性死亡の究明求め平行線

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 自民党の森山裕、立憲民主党の安住淳両国対委員長は13日、国会内で会談し、在留管理を厳格化する入管法改正案を巡って協議した。森山氏は14日に衆院法務委員会で採決するよう主張したが、安住氏は入管施設でスリランカ人女性が死亡した問題の真相究明を求めて反対し、平行線をたどった。野党は退去命令違反に対する罰則の削除など10項目の修正を要求。与野党は14日午前にも協議する。

 安住氏は会談後、法務省が医師の診療記録を入手しながら内容の異なる中間報告を作成したと説明したことを挙げ「本当に許されないことで、全く採決に応じることはできない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文548文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集