「宗教理由にウイグル族ら弾圧」と中国批判 米国務省報告書

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブリンケン米国務長官=ワシントンで2021年4月27日、AP
ブリンケン米国務長官=ワシントンで2021年4月27日、AP

 米国務省は12日、世界の信教の自由に関する2020年版報告書を公表した。ブリンケン国務長官は記者会見で、中国・新疆ウイグル自治区に住むイスラム教徒の少数民族ウイグル族に対して中国政府が「人道に対する罪とジェノサイドを続けている」と批判した。

 報告書は、中国政府が「宗教的過激主義」や「暴力的テロリズム」などを理由に「イスラム教徒や宗教少数派による宗教活動の制限を正当化してい…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

あわせて読みたい

注目の特集