山梨キャンプ場不明女児、9歳に 帰り待つ母「誕生日祝いたい」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
美咲さんからプレゼントされた折り紙の花束を見つめるとも子さん=千葉県成田市の自宅で2021年4月28日、田中綾乃撮影
美咲さんからプレゼントされた折り紙の花束を見つめるとも子さん=千葉県成田市の自宅で2021年4月28日、田中綾乃撮影

 2019年9月に山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲さんが13日、9歳の誕生日を迎える。有力な手がかりがつかめない中、母とも子さん(38)=千葉県成田市=や家族は不安と向き合いながら、美咲さんの帰りを待っている。【田中綾乃】

 誕生日は毎年、祖父母と食事やケーキを囲んだり、ディズニーランドに遊びに行ったりして祝った。とも子さんは今年も美咲さんが好きなチョコレートケーキを小学校6年の長女(11)と作るつもりだ。「戻ってきた美咲と一緒に作って、ケーキが1個じゃ足りないくらい人を呼んでお祝いしたい」と話す。

 美咲さんがいなくなってから、不安や捜索活動で憔悴(しょうすい)した。インターネット上で「娘が行方不明なのに美容院に行けるんだ」などと中傷を受け、目立たないよう化粧も控えた。しかし、1年がたったころ、取材を受けたテレビ番組の放送で、疲れ切った自身の姿を見た。「美咲がどこかで今の私の姿を見たら悲しむんじゃないか」。そう考えて再び化粧を始めた。「『大好きなママが私のせいで暗くなってしまった』と思わない…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文932文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集