特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

高齢者接種数、富山県が最下位? 原因は入力遅れか、ワクチン戦略か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
医療従事者や高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの総接種回数が公開されている首相官邸のホームページ=2021年5月13日撮影
医療従事者や高齢者向けの新型コロナウイルスワクチンの総接種回数が公開されている首相官邸のホームページ=2021年5月13日撮影

 一般への接種が始まった高齢者向け新型コロナウイルスワクチン接種について、首相官邸ホームページ(HP)で公表されている富山県内の総接種回数は1471回(9日現在)で47都道府県中、最下位となったことが波紋を呼んでいる。接種の実務を担う市町村では少ない人員を接種業務に充てた結果「データ入力まで手が回っていない」といい、県は「実態とはかけ離れている」と強調。一部を医療従事者への接種に回す県のワクチン戦略も関係しているようだ。

 県内には既に医療従事者分約8万人分と高齢者向け約7万2000人分のワクチンが到着。一般の高齢者向けの接種は5月から県内でも本格化している。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文944文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集