特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

大阪・河南町長ら三役が医療従事者枠でワクチン優先接種「問題ない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪府河南町
大阪府河南町

 大阪府河南町の森田昌吾町長(64)ら三役が医療従事者枠で新型コロナウイルスワクチンの優先接種を受けていたことが13日、町などへの取材で判明した。町幹部は業務上必要だとして問題はないとの見解を示した。

 町関係者によると、優先接種を受けたのは、森田町長の他、副町長と教育長。

 町では、周辺の富田林市、太子町、千早赤阪村と計4市町村合同で行う高齢者向け集団接種業務のため、職員40人超が5月6日、富田林医師会の案内で医療従事者向けのワクチン接種を受けた。この際、町長ら三役も参加して1回目のワクチンを打ったという。

 厚生労働省はワクチンを優先接種する医療従事者らの対象に、集団接種会場でコロナ患者や感染可能性が否定できない住民に頻繁に接する自治体関係者も含めている。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文685文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集