スケート年間MVPにフィギュア鍵山 世界選手権初出場で表彰台

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2019年全日本選手権の表彰式のステージに上がる前に、男子シングルで3位になった鍵山優真(右)に握手を求められ、笑顔で応じる羽生結弦=東京・国立代々木競技場で2019年12月22日、竹内紀臣撮影
2019年全日本選手権の表彰式のステージに上がる前に、男子シングルで3位になった鍵山優真(右)に握手を求められ、笑顔で応じる羽生結弦=東京・国立代々木競技場で2019年12月22日、竹内紀臣撮影

 報道各社のスケート担当記者で組織する東京運動記者クラブ・スケート分科会は13日、2020~21年シーズンの「スケーター・オブ・ザ・イヤー」(年間最優秀選手)に、フィギュア男子の鍵山優真(18)=神奈川・星槎国際高横浜=を選出した。鍵山は初受賞。

 シニアデビューシーズンとなった鍵山は、昨年12月の全日本選手権で2年連続の3位。今年3月の世界選手権では…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文440文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集