新型コロナ 北海道・岡山・広島に緊急事態 まん延防止適用、熊本・群馬・石川 政府、午後正式決定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は14日午前、新型コロナウイルスに関する基本的対処方針分科会で、北海道、岡山、広島の3道県を緊急事態宣言の対象に追加し、群馬、石川、熊本の3県に「まん延防止等重点措置」を適用することを諮問し、了承された。政府は当初、群馬など5県に重点措置を適用するよう諮問したが、専門家から反対意見が相次いだため方針を変更した。

 分科会で政府案が了承を得られず、宣言や重点措置の対象都道府県が変更されたのは初めて。期間は緊急事態宣言が5月16~31日。重点措置は5月16日~6月13日。14日午後に衆参両院の議院運営委員会で報告した後、政府対策本部会合で正式決定する。その後、菅義偉首相が記者会見し、適用の理由や措置の内容について説明する。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文798文字)

あわせて読みたい

注目の特集