特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

五輪開催の願い込め、サルビア3000本飾る 円谷幸吉氏出身地・須賀川 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サルビアの移植作業をする円谷幸吉・レガシーサルビアの会のメンバーら=福島県須賀川市フラワーセンターで2021年5月13日、熊田明裕撮影
サルビアの移植作業をする円谷幸吉・レガシーサルビアの会のメンバーら=福島県須賀川市フラワーセンターで2021年5月13日、熊田明裕撮影

 須賀川市出身で1964年東京オリンピックのマラソン銅メダリスト、故円谷幸吉氏(1940~68年)の顕彰活動をする市民団体「円谷幸吉・レガシーサルビアの会」(安藤喜勝会長)が13日、今夏に延期された東京五輪・パラリンピック開催などの願いを込め、市中心部などにサルビアの花約3000本を飾った。この日は円谷氏の誕生日。

 57年前の前回東京五輪での聖火リレー時には、円谷氏の後輩にあたる県立須賀川高の生徒が「聖火の炎のように燃え立つ赤い花」としてサルビアを手に聖火ランナーを応援した。その種を円谷氏の生家で植え、市フラワーセンターで増やしていた。昨年5月13日と、今年3月27日にあった同市内での聖火リレー時にも、このサルビアが市内中心部を彩った。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文555文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集