成田線開業120周年 記念列車が運行 5月末まで /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
一日駅長の小学生の合図で出発する120周年の記念列車=千葉県我孫子市で2021年4月30日、橋本利昭撮影
一日駅長の小学生の合図で出発する120周年の記念列車=千葉県我孫子市で2021年4月30日、橋本利昭撮影

 JR成田線(我孫子―成田、32・9キロ)が開業120年を迎え、記念列車が今月末まで運行している。

 車両は5両編成の通勤電車(E231系)を使用。成田線の1990年代の車両と同じく、車体にはクリームの帯色に上下2本のブルーのラインが施され、先頭と最後尾には「祝 成田線 120周年」などと書かれたヘッドマークが取り付けられて鉄道ファンの熱い視線を浴び、今月末まで我孫子―成田で1日1往復以上運行している。

 記念列車は、我孫子駅ホームで4月30日に行われた式典でお披露目され、同日午前10時47分、一日駅長の児童の合図で、4番線ホームから成田駅に向かって発車した。途中、沿線では小学校や幼稚園の子供たちが小旗を振るなどし、大きな歓声が沸き上がった。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文530文字)

あわせて読みたい

注目の特集