新型コロナ ワクチン接種後に50代女性死亡 医療従事者 副反応疑い症状あり /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は13日、医療従事者の50代女性が新型コロナウイルスのワクチン接種後に死亡したと明らかにした。2回の接種を受けたが、心不全や呼吸困難など副反応が疑われる症状があったという。

 県は副反応が疑われる事例について国からの情報提供に基づきホームページで公表。女性の死亡も掲載したが、今後はワクチン接種が本格化するため県からの公表は控えるとしている。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文531文字)

あわせて読みたい

注目の特集